カート
シリーズから探す
ジャンルで絞り込む
ハンドル付きの深箱と浅箱の2段セット。※1月下旬以降の発送となります。
オカモチ ミックス (キリ)
¥28,000円(税込30,800円) (税込)
各オプションの詳細情報
ハンドル
オカモチ ミックス (キリ)
28,000円(税込30,800円) 〜 29,500円(税込32,450円)


オカモチ ミックス(キリ)




カバンの延長のような、家具の延長のようなオカモチ


料理などを運ぶ道具として日本で使われてきた「岡持ち」を、アトリエヨクトなりの解釈でリデザインしたのが「OKAMOCHI(オカモチ)」です。本来の岡持ちとしての使い方はもとより、ピクニックに、仕事に、DIYやクラフトの道具箱に、ガーデニング、茶道、おもちゃ箱にと、使う人それぞれが現代的な使い方を発見して楽しみがあります。


カバンの延長のような、家具の延長でもあるような、なんでもござれの「運べる道具」に仕上げました。





左から、オカモチ 長方形(キリ)×トレイ蓋 長方形(ライトグレー) / オカモチ ミックス(キリ)×トレイ蓋 正方形(クルミ) / オカモチ 正方形(キリ)×ヒラ蓋 正方形(ホワイト) ※蓋はオプションになります




自分の生活を持ち運ぶ道具にカスタマイズ


ハンドル付の深箱、その上にスタッキングできる浅箱の組み合わせが、オカモチの基本のセット。ベースとなる箱の大きさは長方形、正方形があり、それぞれのセットの他に、その両方をミックスしたセットの3つのタイプのいずれかをお選びいただけます。


使い方に合わせて蓋や浅箱などのオプションも追加でき、自分好みにカスタマイズして楽しむことができるのがオカモチの魅力でもあります。





左から、オカモチ ミックス(キリ)×トレイ蓋 正方形(クルミ)/ オカモチ 正方形×浅箱 正方形(キリ)×ヒラ蓋 正方形(ホワイト) / 浅箱 正方形(キリ)※底は旧モデル色 / トレイ蓋 正方形(セイジ) / オカモチ 長方形(キリ)×トレイ蓋 長方形(ライトグレー) / オカモチ 正方形(キリ) ×ヒラ蓋 正方形(カラシ) ※1段使いの例




ボトルなども運べる自由度の高いミックス


「長方形の深箱+正方形の浅箱」セットは、水筒やボトルなど高さのあるものも一緒に持ち運べるので、ピクニックはじめ、色々なシーンで活躍します。例えばメイクアップ道具入れに、赤ちゃんのおしめなどの身の回り品入れに、少し高さのあるものを入れたい時に重宝します。


また、上段の浅箱がスライドして動かせるので、下段に入っているものを取り出すのにも便利です。





オカモチ ミックス+ホワイトハンドル / トレイ蓋 正方形(クルミ)




日々持ち運べる軽さに


モノを運ぶために日々手に持つ道具だから、木の材でありながら「軽さ」にもグラム単位で気をつかっています。たとえば桐のオカモチセット(長方形)は、約1,580g。容量たっぷりの木箱でありながら、牛革製のビジネス鞄並みの軽さです。





オカモチ 正方形(キリ)×トレイ蓋 正方形(ライトグレー)




男女問わず、お使いいただけます


オカモチは「持ち運ぶための道具」。すなわち日ごろの生活でカバンとして、男性にも女性もお使いいただいています。


できれば実際に持った姿や運びごこちも確認してから選んでいただきたいという気持ちもありますが、そうもいかない方々に向けて、男女それぞれの使用例を掲載させていただきます。ぜひ参考にしてみてください。





モデル身長 158cm






モデル身長 186cm





ディテールについて





コーナーをアール加工することで全体をやわらかな印象に。箱の枠縁はルータで削り、厚みを薄く見せて軽やかな印象に仕上げています。





4面のうちの2面は、出し入れしやすいように溝をほって手かけにしました。それがデザインのアクセントにもなっています。




ハンドルのベースはアルミですが、手が触れる箇所には運びごこちを重視してクルミの木を採用しています。





長く使っていただきたいから、メンテナンス性も考えています。箱にはオニ目ナットを仕込み頭の小さいステンレスのビス留めをしているため、緩んでもまた簡単に絞め直すことができます。





スタッキングのしやすさのために、立ち上がりのあるフチをつくり、一番下の深箱にはどこにでも気を使わずに置けるようゴム脚を付けました。ちなみにゴム足はデザインの邪魔にならないよう特注色のグレイのゴムを採用しています。





スタンダードな桐素材


スタンダードなオカモチの素材には、日本で古来から親しまれてきた桐(キリ)を使用しています。桐は軽さ、調湿性、防虫性、難燃性、保温性に優れ、割れや狂いが少ないといった特性があります。


初めは白っぽい木地が経年とともにやや黄色味をおび味わいをましていき、さらにシルバーへと色を変えていく。桐にはそんな、使いこむ楽しみもあります。


※桐には材の柔らかさから傷がつきやすいという面がありますが、水分や湿気である程度回復する復元力を備えています。











底板は堅牢性は富んだリノリウム


箱の底に使用しているリノリウムは、マットな質感が魅力で、亜麻仁油をベースとした自然素材からつくられています。フローリングなど建材としても使われており、堅牢性にも富みメンテナンスしやすい材です。


色は真っ白よりも少しグレーがかったマッシュルーム色。底板を含め、材は植物系自然オイルワックスで仕上げています。




ハンドル木部や蓋はクルミ素材


手に直接触れるハンドルの木部とトレイ蓋には、胡桃(クルミ)を使用。胡桃もまた日本古来からある植物で、ウォールナット(西洋クルミ)に較べ色が淡く、やわらかさを感じさせる木目をしています。


タンニン酸を多く含み、使いこむうちにそれが酸化して色が濃くなっていきます。











軽さを重視したアルミ


ハンドルは、軽さを重視したアルミ製(アルマイト加工)。アルミそのものの素地仕様と、焼き付け塗装仕様のマットなホワイト(+1,500円)の2種類からお選びいただけます。飾らない働き者のようなアルミ。より洗練感が漂うホワイト。どちらにするかは用途やお好みで。





アルミハンドル / ホワイトハンドル



※キリ、クルミの材は無垢のため、木目はそれぞれ異なり節などの現れ方にも個体差がありますことをご了承ください。




[仕様] オカモチ ミックス(キリ)


  • 幅280×長さ400×高さ347 (ハンドル含む)

  • キリ、オニグルミ、リノリウム、シナプライウッド、アルミ(アルマイト加工)
  • 木部、リノリウム部は植物系自然オイルワックス仕上げ




  • 長くお使いいただくために



    • 汚れた際には、水または水で薄めた中性洗剤を布につけ、拭き取り後、乾いた布で水気を拭いてください。水やお湯でじゃぶじゃぶ洗うことや、お重箱のように直に食べ物を入れることはお薦めしておりません。

    • ハンドルのビスが緩くなった時は、プラスドライバーで締めなおしてください。その際、ネジ穴を潰さないよう穴に合ったサイズのプラスドライバーをご使用ください。

    • 底板のリノリウムは耐水性はありますが耐熱性が低いため、70℃以上のものを直接置くことはお避けください。

    • 長時間の強い直射日光は、割れやヒビなどの原因となりますのでご注意ください。

    • 1〜2年ごとにクリーナーオイルや木部用クリアの自然オイルなどを塗布しよく拭き取っていただくことをおすすめします。保護するだけでなく、さらに艶や味が出てきます。まアトリエまで直接お持ちいただければ無料で塗布させていただきます(事前にご連絡ください)。

    • もし破損することなどがありましたら、程度によっては修理も承りますのでご相談ください(送料ご負担/修理費は実費です)。