カート
シリーズから探す
ジャンルで絞り込む

アトリエヨクトの梱包

 

「1回きりでリサイクル」ではなく、楽しく何度でも使える箱

インターネットでモノを買うのが当たり前の今、商品が送られてくるたびに梱包されてきたダンボールをリサイクルゴミへ出すことに、心のどこかでいつも「リサイクルするエネルギーがもったいない」という思いがありました(ダンボールはリサイクル率90%以上でリサイクル優等生なのですが)。

そんな思いから、配送後も使ってもらえるようなパッケージができないものかと、オリジナルのダンボール箱を考えてみました。

たとえば、子どもたちがぬり絵のキャンパスとして楽しみながら使えるおもちゃ箱。もしくは色々なものをしまっておくのに目障りにならない収納箱。少しでも「もう少し使ってみたい」と感じてもらえるように、北杜の清々しい森の空気も一緒に届くような素敵なイラストを北杜市在住のイラストレーター 土屋恭子さんに描いてもらいました。

自然豊かな北杜市の動物がやってくる

ダンボール箱は商品の大きさに合わせて4サイズ。八ヶ岳・南アルプスの山々に囲まれた山梨県北杜市に生息する動物が、4種類の箱に1つずつ描かれています。

一番小さな80サイズは、市の小動物「ヤマネ」。国の天然記念物に指定されています。100サイズは、北杜の市の鳥「フクロウ」。自然豊かな森に棲みつくフクロウは「森のバロメーター」とも言われ、北杜の豊かな森林の象徴です。120サイズは、アトリエヨクトの庭でも遭遇する「ニホンジカ」。愛くるしい瞳と真っ白いハートのお尻はとてもキュートです。そして一番大きい140サイズは、アトリエがある白州でも年に何度か目撃情報が寄せられる「ツキノワグマ」。怖い印象ですが、じつは木の実や昆虫が主食なんだそうです。どの動物がやってくるのか、届くまでどうぞ楽しみにお待ちください。

ちなみにすべてのサイズをそろえると、4種類の動物が1本の樹を中心にたたずんでいる姿があらわれます。

使いつづけてもらう工夫と簡易包装

各ダンボール箱の側面には「box number(番号)」と「contents(内容)」を書きこめるスペースがあるので、単体で、または複数そろえて、収納箱として使うこともできます。

また、配送時に使う梱包材には、自然に還元しにくいプラスティック(ビニール)製のものではなく、できるだけリサイクル紙を使用し、ゴミ削減のため最低限の簡易包装に努めていますことをご了承ください。

プレゼント用のラッピングをご希望の方は、コメント欄よりお知らせください。